アストルティアの月あかり

ドラクエ10(DQX)のプレイ日記、およびドラクエシリーズへの愛を語ります

<< 食わず嫌いからの脱却 | TOP | ネットコミュニケーションの難しさ >>

2013.09.06 Friday

辻蘇生、辻ホイミ

つき.png

オンラインを始めて少し経った頃、道ばたで倒れてる人を見かけました。

近寄って調べてみると「へんじがない。ただのしかばねのようだ」という伝統的メッセージ

うひゃあ!この人ほかのプレイヤーさんだ〜!

と、年甲斐もない声を上げて驚きw

どうにかしたいけど、当時は武闘家をやってたので、蘇生呪文ザオもないからどうにもならず、少ししたらその人は消えていきました。

DOXのシステムを簡単に書いておくと、オンラインで死亡(全滅)した場合、その場に5分放置されます。で、サポート仲間が蘇生呪文を覚えているか、その5分間に通りがかった他の誰かが、蘇生呪文や世界樹の葉で生き返らせてくれれば、その場で復活できるのですが、いずれもなければ5分後に教会で復活します。そのときレベル10以上なら、いくらかゴールドを没収されます。(過去作品のように、さすがに半額にはなりません※)

※9/6 7:14訂正
ベータテストはレベル上限が25だったため、半額にはならないんだなぁと思っていたのですが、レベルによって没収額が変わり、レベル50なら50%、60なら60%没収となるそうです。レベルが上がれば上がるほど没収額が高くなるそうです。Twitterであやさんに教えて頂きました。ありがとうございました。


通りがかった人が、力尽きて倒れている人(しかもちゃんと中の人がいるキャラ)を、生き返らせることができる…!

これがあまりにも私のツボにはまりました。

これを辻蘇生(辻ザオ)と呼ぶそうです。昔あった辻斬りをもじったものですが、あっちは殺しますが、こっちは生き返らせるんですから、褒められた行為ではあると思いますw

転職クエストを経て転職可能になった時、すぐさま僧侶に転職したのは言うまでもありませんw

そしてザオを覚えたらすぐに、強敵にボコられて倒れる人が多そうな、ジュレー島下層なんかを走り回りました。しかばね探して走る僧侶w ちょっとイヤですが(^_^;)

しかし、なかなかただのしかばねに巡り会えません。そのうち瀕死状態カニから逃げ回ってる人を見かけました。ほっとけば殺されますが、さすがにそこまで悪趣味ではありませんw

その人にホイミをかけてあげると「ありがとう!」と返ってきました。
ジーンとしました(^_^;)

あるとき、しびれくらげに殺された人を見かけました。おっ!チャンス!とばかり近づき(イヤな僧侶w)、ザオで生き返らせてあげたんですが、生き返ったその人はピクリとも動かず固まったままでした。今思えば、たぶん寝落ちしてたんでしょうw 念のためホイミをかけてその場を離れました。

あるとき、いつものようにしかばね探しをするため、アズラン地方のひと気のないところを歩いてました。すると、確かあばれこまいぬに襲われ、しかばねを探していた僧侶は、自らしかばねになりましたw ミイラ取りがミイラ?ちょっと違うかw

おーい誰か助けてくれ〜と思いながら待っていると(死んでるときはチャットで声を出せません)、2人の女の子が近づいてきます。助かったーと思ってると、彼女たちは私に「おいのり」して、その場を去っていきました。

「おいのり」は、死んでから教会で復活するまでの経過時間をリセットできる(つまり残り5分の状態に戻る)というものです。彼女たちは残念ながら蘇生呪文を持っていなかったのでしょう。

その後しばらく待ちましたが、残念ながら誰も通りがかることなく、私は何ゴールドか取られて教会で復活したのでした(T_T)

そんな感じで、私のDQXベータテスト中の趣味は、辻蘇生、辻ホイミでした。
残念ながらイベントなど、大量のしかばねが発生する時を除いて、ベータテスト中はそんなに多くの人を助けてあげることはできませんでしたが、感謝されることはあっても恨まれることはないだろうという、なかなか楽しい機能だと思います。

惜しむらくは、しかばねレーダーみたいなものはないので、なかなか倒れてる人を見つけられないということ。そして、自分自身がしかばねになっていても、あまり見つけてもらえないという点です。ただ、あくまでベータテスト中の話なので、実際のサーバーには、もっとしかばねがゴロゴロしてるのかもしれません。辻蘇生が楽しみです

9/12から先行体験版で遊べるようになりますが、私の初期職業は…

もちろん僧侶です(^_^;)


つき | 2013.09.06 Friday 01:18 | DQXあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dqx.mamezakura.com/trackback/3

トラックバック

▲top