アストルティアの月あかり

ドラクエ10(DQX)のプレイ日記、およびドラクエシリーズへの愛を語ります

2014.08.01 Friday

大家族

つき.png

さて、ここでちょっと我が家の家族構成(?)を確認しておきましょう。

つき.png つき(エルフ/人間大人♂)長男 (年齢不詳w) さいほう職人
あかり.png あかり(ドワーフ/人間大人♀)長女 (推定20歳) 武器鍛冶職人
ピリカ.png ピリカ(プクリポ/人間子供♂)次男 (推定12歳) ツボ錬金職人
ルナクル.png ルナクル(ウェディ/人間子供♀)次女 (推定11歳) ランプ錬金職人


この4キャラは、前回までにご紹介した通りです。

つき&あかりはメインキャラで、シナリオはもちろん、がっつり育成していますが、ピリカ&ルナクルは、もともと錬金用に作ったサブキャラだったものの、ちょっと育てたくなってきたので、日替わり討伐を中心にゆるーく育成しているところです。とはいえ、ルナクルなんかは冥王討伐まであと少しというところまでは進んでいます。

ちなみにいうと、つきというキャラは、まさに今このブログを書いている私自身の分身みたいなもので、チャットやtwitterでも、普通普通普通すぎる口調です(笑)。ティアでの住居はグレン雪原ですが、気持ちはしっかり福岡に住んでおります。

しかし、あとの3キャラについては、私はアストルティアに住む全くの別人格だと思って操作してます。だから年齢とか勝手に設定をつけてたりしますし、口調もそのキャラの口調で話します。我ながら、ほぼパーフェクトに別人格を演じておりまして、これこそロールプレイといったところでしょうか(笑)。

そして・・・・・・

フィエロ.png スピカ.png ロコロコ.png リルル.png キラ.png エルファバ.png

!?

このたび家族が増えましたwww

そもそも荷物の圧迫が深刻になってきていて、倉庫が50個ぶん増える5キャラコースは、以前から検討していたのですが、スクエニがこんなキャンペーンをやったもんですから、どうせなら福引券ほしいじゃないですか(笑)。ということで、5キャラコースを2アカウント分契約して、新たに6キャラ作っちゃったわけです。

彼ら6人の住居は、ガタラ古代のある丁目をまるごと買い占めいたしまして、まさに「つきあかり村」みたいな様相を呈しております(笑)。

まぁ、さすがに人格付けまでは中身がヘトヘトになりますので、やっておりません(笑)。

しかも、まとめて6キャラ作ったもんだから、エテーネで彼らが大人だったか子どもだったかすら、覚えておりませんwww

そんなわけで、彼ら6人のサブキャラは、ほんとに職人専門みたいな位置づけですが、さらっと紹介しておきます。さらっと(笑)。

スピカ.png スピカ(エルフ♀)木工職人

彼女だけは、なんとなく日替わりくらいは、やってもらってたりします(笑)。
やっぱり、しぐさが可愛らしいキャラというのは、いいもんです←

名前の由来はスピッツの同名曲だったりいたします。

ロコロコ.png ロコロコ(ドワーフ♂)道具鍛冶職人

彼は、ほかのキャラが使う職人道具を作ってもらうために、道具鍛冶職人になってもらいましたが、今のところそれだけです(笑)。

名前の由来は映画ドラえもんに登場した、ある犬キャラですw
ちなみにピリカも、同じ映画にでてくる惑星の名前だったりします。

リルル.png リルル(プクリポ♀)調理職人(予定)

まだやってませんが、なんとなく調理かなと思ってるプク子さん。
こちらも別の映画ドラえもんから名前を拝借しています。

キラ.png キラ(ウェディ♂)

彼は・・・じつはPCベータ版でメインだったキャラなんです。このブログやtwitterでも、PCの先行体験版が出るまでは、このキャラをプロフィールに使っていたりもしました。

消えちゃって半年以上たちましたが、そのまま埋もれさせるのもかわいそうなので、復活させてはみましたが、まだ何をやるかを含めて完全に未定です。たぶん防具鍛冶

名前の由来は、某ドラクエ漫画からでは実はなく、単に語感なんですよね。そのドラクエ漫画を実は読んだことがなくて、ティアには同じ名前の方が結構いたから、なんでだろう?と不思議に思っていたりもしました(笑)。

エルファバ.png エルファバ(オーガ♀)

彼女は一応、お花屋さんになる予定で、ツリーハウスも用意してあります。
全キャラが栽培したお花&野菜をモーモンで売るってことですね。

名前の由来は、ミュージカル「ウィキッド」のヒロインです。
作品を知ってる方ならご存知のように、「オズの魔法使」にも登場した「西の悪い魔女」=エルファバですから、体色グリーン=どわ子の方がそれらしかったんですけど、どわ子はあかりがいるので、髪色だけでもグリーンにしておきました(笑)。

フィエロ.png フィエロ(オーガ♂)

彼は道具屋さんになる予定です。消費アイテムです。山のように余ってる上やくそうとか・・・たぶん売れないですけど(笑)。

名前の由来は、そのままエルファバの相手役です。

そんな感じで全種族男女を網羅し、思いがけず大家族となってしまいましたが、やっぱり初期村のエピソード、面白いんですよね。エルフ/ドワーフなんて、先行体験版でやって以来でしたから、懐かしくて特に楽しめました。

DQXもサービス開始から、明日でめでたく2周年です。
今にして思えば、2年前の8/2から始めておけばよかったー!と後悔の連続です(笑)。

DQ11はたぶんオフラインでしょうが、その後のDQ12DQ13あたり、たぶんまたオンラインで出してくるだろうなと思いますので、その時は、どんなハードで発売されようと、必ず初日(ベータテスト)から参加するぞ!と、すでに意気込んでおります。

いつになるやら(笑)。
そしてその頃も、その後もずっと、ティアはティアで続いていて欲しいなと願っています。


つき | 2014.08.01 Friday 20:26 | DQXあれこれ | comments(0) | - | - |
2014.07.07 Monday

地味に1周年

つき.png

すっかり忘れていたのですが、本日7/7は、ちょうど1年前、私が初めてDQXというものをPCにインストールして、オフラインモードを始めた日でもありました。

ただしベータ版ではありますが(笑)。

あの頃は本当に面白いのか半信半疑で、オンラインのドラクエというものに対して、とても懐疑的な気持ちを持ってのスタートでした。

それが、8月のベータテスト終了までに150時間も遊び倒すほど、どハマりするとは、1年前の今日の時点では考えてもみませんでした(笑)。

その後、9/12の先行体験版から本格的にスタートして、昨夜までのイン時間は、つきが1259時間、あかりが1039時間、ルナクルが143時間、ピリカが5時間。単純計算で2446時間(笑)。

数字だけ見ると、ものすごい時間ですが、今年に入ってからは2キャラ同時にインしている時間も多いので、そこまで全人生をなげうっている、というわけでもないことを、念のため申し添えておきます(笑)。


つき | 2014.07.07 Monday 19:23 | DQXあれこれ | comments(0) | - | - |
2013.09.10 Tuesday

ネットコミュニケーションの難しさ

つき.png

DQXのPC先行体験版から発売を待つまでの間、テンションを高めていこうと思って始めたこのブログですが、少々意気消沈してしまう出来事もあり、最初に思っていたほどは書けていなかったりします。

まぁ、意気消沈といっても、DQXをプレイすること自体は非常に楽しみで、先行体験版の開始日にはわざわざ新幹線で帰ってくるつもりでチケットまで用意してますし、26日の発売日には有給を入れているくらいですから、その期待度は少しも揺らいではおりません

ところで、このブログの最初の記事が9/1、2回目が2日後の9/3、3回目は3日後の9/6、そして4回目は4日後の9/10と、見事に1日ずつ更新頻度が落ちてきていますが、これは全くの偶然であり、次回は9/15か?といえば、決してそんなことはありません(^_^;)

なんで意気消沈したかというと、DQXのPC版が発売されるにあたり、やはり Wiiや Wii U で先行してプレイされている先輩たちと仲良くなっておきたいと、Twitterでたくさんの人をフォローしたり、また逆にフォローされたりしていたのですが、その中の何人かに、どうも嫌われてしまったらしい、と。要するにリム&ブロックされてしまったのです。

私はあまりネットでの人付き合いが得意ではありませんので、今回は出来る限り積極的にやり取りをするよう、自分なりに努力していたのですが、どうもその中で私が何か失礼なこととか、気に障ることを言ってしまったのだと思います。ただ、直接の原因は何度過去のやり取りを読み返してもはっきりとはしません(あれかな、という心当たりはありますが、正直微妙です)。

ただ、最初かなり親しくやり取りしてくれていたように、私自身は思っていただけに、思いのほかショックが大きく、寝込みそうでした。

なんと心の弱い人間だと思われたかも知れませんが、このブログでも当初から書いていたように、ゲームは一人で楽しむもの、オンラインゲームで人に気を遣いたくない、という理由から、ドラクエのオンライン化に真っ向から反対していた一人が私です。そもそもネットでのコミュニケーションに長けているわけではないのです。

ネットでのコミュニケーションの経験がないわけではありません。古く(20世紀)は掲示板やチャットに積極的に参加してましたし、mixiもやってました。メインの方のTwitterも2年やってます。ただ、いずれもやっているうちに疲れが出て、mixiは放置状態で数年。Twitterのメインの方もあまり人には絡まず、今はリアルの友人知人しかいないFacebookをかろうじてやっている程度です。(ふだん顔を合わせる機会がある人が多いだけに、逆に気楽なのです)

こんな自分が、はたしてDQXをやって大丈夫なのか?と不安にもなりました。

ただ、私が意気消沈して相当へこんでしまい、一言二言ネガティブなことを呟いたときに、フォロワーさんに心配してもらったり、励まされたりして、やっぱり温かい気持ちになれたのです。当然、あの楽しかったベータテストの日々が心に蘇ってきました。

同じDQXユーザー、DQXが大好き、という連帯感でつながってはいても、どうしても個々の合う合わないはあります。話が合う人とは、今後もTwitterでも話したり、当然ながらDQXの世界アストルティアでもお会いして、一緒に遊べたら良いなと思っていますが、合わない人はどうしても合わないわけで、致し方ないんだという結論に至りました。

そして私自身の反省点ですが、私はどうもツッコミ体質なので、何か面白いTLが流れてきたら、ついツッコミを入れたくなってしまうところがあります。このツッコミは、旅芸人のように混乱を治したりはしてくれないので、それを受け取る相手によっては不快だったりするところもあったのかなと思っています。だから、なるべく必要以上には絡まないようにしようとか、他の人と会話してるところに口を挟まないとか、自分なりの反省を踏まえたポリシーを考えて、今後Twitterをされている皆さんと付き合っていきたいと思っています。


つき | 2013.09.10 Tuesday 01:18 | DQXあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
2013.09.06 Friday

辻蘇生、辻ホイミ

つき.png

オンラインを始めて少し経った頃、道ばたで倒れてる人を見かけました。

近寄って調べてみると「へんじがない。ただのしかばねのようだ」という伝統的メッセージ

うひゃあ!この人ほかのプレイヤーさんだ〜!

と、年甲斐もない声を上げて驚きw

どうにかしたいけど、当時は武闘家をやってたので、蘇生呪文ザオもないからどうにもならず、少ししたらその人は消えていきました。

DOXのシステムを簡単に書いておくと、オンラインで死亡(全滅)した場合、その場に5分放置されます。で、サポート仲間が蘇生呪文を覚えているか、その5分間に通りがかった他の誰かが、蘇生呪文や世界樹の葉で生き返らせてくれれば、その場で復活できるのですが、いずれもなければ5分後に教会で復活します。そのときレベル10以上なら、いくらかゴールドを没収されます。(過去作品のように、さすがに半額にはなりません※)

※9/6 7:14訂正
ベータテストはレベル上限が25だったため、半額にはならないんだなぁと思っていたのですが、レベルによって没収額が変わり、レベル50なら50%、60なら60%没収となるそうです。レベルが上がれば上がるほど没収額が高くなるそうです。Twitterであやさんに教えて頂きました。ありがとうございました。


通りがかった人が、力尽きて倒れている人(しかもちゃんと中の人がいるキャラ)を、生き返らせることができる…!

これがあまりにも私のツボにはまりました。

これを辻蘇生(辻ザオ)と呼ぶそうです。昔あった辻斬りをもじったものですが、あっちは殺しますが、こっちは生き返らせるんですから、褒められた行為ではあると思いますw

転職クエストを経て転職可能になった時、すぐさま僧侶に転職したのは言うまでもありませんw

そしてザオを覚えたらすぐに、強敵にボコられて倒れる人が多そうな、ジュレー島下層なんかを走り回りました。しかばね探して走る僧侶w ちょっとイヤですが(^_^;)

しかし、なかなかただのしかばねに巡り会えません。そのうち瀕死状態カニから逃げ回ってる人を見かけました。ほっとけば殺されますが、さすがにそこまで悪趣味ではありませんw

その人にホイミをかけてあげると「ありがとう!」と返ってきました。
ジーンとしました(^_^;)

あるとき、しびれくらげに殺された人を見かけました。おっ!チャンス!とばかり近づき(イヤな僧侶w)、ザオで生き返らせてあげたんですが、生き返ったその人はピクリとも動かず固まったままでした。今思えば、たぶん寝落ちしてたんでしょうw 念のためホイミをかけてその場を離れました。

あるとき、いつものようにしかばね探しをするため、アズラン地方のひと気のないところを歩いてました。すると、確かあばれこまいぬに襲われ、しかばねを探していた僧侶は、自らしかばねになりましたw ミイラ取りがミイラ?ちょっと違うかw

おーい誰か助けてくれ〜と思いながら待っていると(死んでるときはチャットで声を出せません)、2人の女の子が近づいてきます。助かったーと思ってると、彼女たちは私に「おいのり」して、その場を去っていきました。

「おいのり」は、死んでから教会で復活するまでの経過時間をリセットできる(つまり残り5分の状態に戻る)というものです。彼女たちは残念ながら蘇生呪文を持っていなかったのでしょう。

その後しばらく待ちましたが、残念ながら誰も通りがかることなく、私は何ゴールドか取られて教会で復活したのでした(T_T)

そんな感じで、私のDQXベータテスト中の趣味は、辻蘇生、辻ホイミでした。
残念ながらイベントなど、大量のしかばねが発生する時を除いて、ベータテスト中はそんなに多くの人を助けてあげることはできませんでしたが、感謝されることはあっても恨まれることはないだろうという、なかなか楽しい機能だと思います。

惜しむらくは、しかばねレーダーみたいなものはないので、なかなか倒れてる人を見つけられないということ。そして、自分自身がしかばねになっていても、あまり見つけてもらえないという点です。ただ、あくまでベータテスト中の話なので、実際のサーバーには、もっとしかばねがゴロゴロしてるのかもしれません。辻蘇生が楽しみです

9/12から先行体験版で遊べるようになりますが、私の初期職業は…

もちろん僧侶です(^_^;)


つき | 2013.09.06 Friday 01:18 | DQXあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
2013.09.03 Tuesday

食わず嫌いからの脱却

つき.png

前回でも触れましたが、ドラクエXのベータテストに参加するまでの私は、オンラインゲームというものに、かなり大きな抵抗を感じていました。

それまでも当然オンラインゲームの存在自体は知っていて、友人や同僚に誘われたりもしましたが、ちょっと自分には無理だと思って断り続けていました。もう長年、ゲームは大好きなドラクエシリーズしか、ほとんどやってなかったこともあり、誘われたFF11等には興味を示せなかった、という理由もあります。

そして、その大好きなドラクエがオンラインになると聞いた時の反応は、多くの人がそうであったように、私も「え〜?↓↓」でした。

まず、ずっとドラクエは「1人で遊ぶもの」でしたから、それをオンラインにして、はたしてゲームとして成り立つのか?という疑問であり、不安です。

そして、ゲームが成り立ったとしても、オンラインということは、すなわちネット上の見ず知らずの人たちと一緒に遊ぶことになるわけで、SNS疲れみたいなことも経験してきた私としては、やはり他人に気を遣っていてはゲームを楽しめない、という思いもありました。

Wii版が出る直前、「社長が訊く」を読んで、少しだけ興味を持ったことはありました。1人で遊べる機能もあるとか、映像を見る限りでは確かにドラクエっぽいなとか…。

でも、やっぱり持っていないWiiを新しく買ってまで遊ぶ、というのは、私にはハードルが高かったんです。だけど当然それだけが理由ではありません。その後に発売されたリメイク版ドラクエ7のために、私は3DS本体まで購入しています。その気になればWiiくらい購入できたはずです。

その気になれなかった理由は結局「オンラインだから」に尽きるのです。

オンラインに抵抗をもった最大の理由は、上にも挙げたように「他人と一緒に遊ぶのが嫌だ」ということですが、過去に何か別のオンラインゲームで嫌な目に遭ったとか、そういうことがあったわけではありません。オンラインで遊んだことがないのに「オンラインだから嫌だ」、というのは、今にして思えば「食わず嫌い」だったのでしょう。

さて、Windows版が発表後、ベータテストが開始され、私はPC購入後の7/7から参加したわけですが、その最初の段階では、本当に「試してみよう」程度の気持ちしかありませんでした。

まずベンチマークテストを実施したときも、「映像を見ても惹かれない」とか何とかツイートしています。今となっては、じゃんぼりぃが可愛いすぎで、ベンチマークテストする用もないのに何度も観てたりするわけですが(笑)、当時の自分の消極さがよくわかります(^_^);

そして序盤のオフラインモードを開始するのですが、この時もオンラインモードへ進むのが、よっぽど嫌だったらしく、モタモタと進行しています。たぶん、1日1時間もやってないんじゃないでしょうか。結局、ベータテストのフェーズ1.0が終わる直前くらいに、ようやくオンラインモードに入ったものの、人とどう絡んでいいものか全く分からず右往左往し、そこでベータテストは一旦終了しています。作ったキャラも、何も考えずにウェディを選び、適当に目鼻立ちを決めました。それが今プロフィールページに載ってるキラ君です。

私の運命を変えたのは、ベータテストのフェーズ1.1が始まってからです。

7/27夜の時点では、とりあえず「おうえん」するのが精一杯。敵が強すぎて進めず、ゴールドも貯まらず、β版だけで挫折するんじゃないかとか、Twitterでボヤいてましたw

その日の深夜に初めてパーティーを組んでいます。「仲間募集中」というステータスがあることを知り、それに設定してウロウロしていたところ、運良く誘ってもらえたのでした。

そのときのメンバーがまた良い人ばかりで、何も分からずキーボードでヨタヨタと操作していた私を、次の街まで連れて行ってくれ、レベル上げも手伝ってくれたのでした。彼女(彼?キャラはウェディ♀でした)が言うには、自分も序盤で助けてもらったから、先へ進めない人を助けたい、とのことでした。正直、ジーンときましたw

その時のメンバーとは、残念ながらその後一緒に遊ぶ機会がなかったのですが、これがキッカケとなって、食わず嫌いはどこかへ吹き飛び、オンラインゲームの面白さ、ドラクエXの楽しさを体感していきます。そしてその日を境に、Twitterはドラクエ話ほぼ一色になってしまうのですw


つき | 2013.09.03 Tuesday 01:12 | DQXあれこれ | comments(0) | - | - |

▲top